Dev

Token for OSS sustainability

Token Airdrop

What’s Dev(Token)?

"Dev" はオープンソースソフトウェア( OSS )の持続可能性のための ERC20 トークンです。

OSS の影響力を公平に評価し、評価に比例したトークンを配布します。

収益化が難しいために持続可能性が問題視されていた OSS の開発を持続可能なものに変えます。

トークンは EtherDelta で誰でも売買可能です。

[ブログ記事] OSS のためのトークン “Dev”

Monetization

トークン総発行数の 10% を OSS に配布します

Equity

OSS 毎の配布数は月間ダウンロード数とトークン保有数に比例します

For All

配布先は 1 人の OSS オーナーか複数のコントリビューターを選べます

現在は試験運用中のため、配布処理は手動で行われ、一部の機能に制限しています。

Subject
試験運用中
計画
対象の OSS
npm
パッケージマネージャーの拡大
OSS の参加方法
"Register your OSS" フォームから送信
ウェブ UI を提供
トークン配布先
プロジェクトオーナーのうち 1 人( 先着 )
プロジェクトオーナーのうち 1 人、もしくは GitHub におけるコントリビューターへの貢献度に応じた配布
トークン配布方法

Node.js で計算し、Metamask で配布

完全に自動化

How it works

What does Dev(Token) resolve?

Ethereum や Bitcoin も OSS として開発されました。

Google や Facebook でも多くの OSS が使われています。現在、あらゆる場面において OSS の影響力は増大し続けています。

しかし多くの OSS 開発者は、OSS の持続的開発という問題に直面しています。OSS プロジェクトの約 83% は 1 年以上継続できず、約 50% は 2 名以下のコントリビューター(開発協力者)により維持されています。

ほとんどの OSS は無償で公開することによって開発を活発化します。しかし無償であるために持続性の問題が生まれます。

寄付サービスを使って収益化を実現しているケースもありますが、恣意性の高い評価方法であり公平に評価されているとは言いづらい状況です。

Dev(Token) は OSS の影響力を公平に評価することで OSS を支援します。

OSS の持続的開発の水準を引き上げることができれば、社会が進化するスピードも引き上げられます。

Token details

Subject
仕様
初回の発行数
10,000,000
Mint
1 年毎に 10%
OSS への配布周期
毎月 20 日
OSS への配布閾値
すべての登録済み OSS の 1ヶ月間の累計ダウンロード数が 1,000,000 以上あること。この基準に満たない月は配布しない。
OSS への配布率計算

pdl = 前月 20 日から当月 19 日のパッケージのダウンロード数

adl = 前月 20 日から当月 19 日の全 Dev 登録済みパッケージのダウンロード数

t = 配布先アドレスの保有トークン数

d = OSS 登録からの経過日数

p = t / d

ta = 全アドレスの p の合計

m = 年間 Mint 数

x = (p + pdl) / (ta + adl) × m / 12

GitHub
Contract code